ビザ取得代行サービス

 

各種入国ビザの申請手続き代行サービス

入国ビザは日本やシンガポール等のインドネシア大使館/領事館/領事事務所で申請取得するものですが、就労ビザ(312)や家族帯同ビザ(317)などは、あからじめインドネシア側のイミグレーション本庁へ申請しビザ発給許可(TELEX VISA)を取得します。
インドネシアのイミグレーション本庁への申請には専門的な知識と経験が必要なため、弊社FPCが手続きを代行しスムーズかつ迅速に入国ビザが取れるようにご支援します。
 

滞在許可/就労許可の申請手続き代行サービス

長期滞在して就労する場合は、入国ビザとは別に滞在許可(ITAS:キタス)と就労許可(IMTA:イムタ)が必要です。滞在許可/就労許可なく働いていた場合には、当局の立入検査などで大きなトラブルになりますので、駐在員として赴任する場合は必ず取得するようにしましょう。滞在許可/就労許可は、スポンサーとなるインドネシア国籍企業(日系企業含む)もしくは駐在員事務所が主体となって労働省に申請し取得するものです。申請処理が複雑なため、独自で行うのが困難な場合が多いです。そのような時、弊社の申請手続き代行サービスをご利用いただければ、ドラフト作成から手続きのスケジュール作成および実際の役所への申請、取得を代行させていただきます。

 

「よくある質問」ページにも入国ビザや滞在許可/就労許可の取得手続きについての情報が載っていますので、必要に応じてご確認願います。
上記必要な許可書類を全て取得するパッケージをご用意しております。
会社が保有するRPTKAの状況や、居住地等によって価格が異なりますので、詳細は別途お問い合わせください。