インドネシアで働くために必要な許可

手続き代行サービス & コンサルティングサービス
A : 滞在許可/就労許可の取得申請手続き代行サービス
インドネシアの滞在許可/就労許可の取得申請はとても複雑です。
事前に用意が必要な会社書類や個人書類も数多くあります。
申請書はインドネシア語のため日本人が作成するには困難で、インドネシア人社員が行うのも手続きの詳細知識が必要なため難しいのが実情です。
弊社FPCはビザ専門会社としてその専門スキルで取得申請を代行します。

A:就労許可
・KITAS:滞在許可
・MERP:再入国許可
・SKTT CARD:外国人身分証明書
・STM:居住地管轄警察報告書
・SKSKP:家族構成証明書
・LKOA:外国人着任報告書
必要許可サンプル

長期ビザと短期ビザの違い

インドネシアの就労ビザ(312)には、1~6ヶ月までの短期ビザと7~12ヶ月の長期ビザの2種類がございます。
長期ビザで取得したKITASやIMTAの更新は可能ですが、短期ビザの場合は更新ができません。
企業における外国人労働者人数やインドネシア人従業員人数、ビザ取得予定者の年齢やこれまでの経験等により取得できる期間が異なりますので、まずはお問い合わせください。