現時点でのスカルノハッタ空港T3降機後の流れ (2020.11.10)

テーマ:【現時点でのスカルノハッタ空港T3降機後の流れ】

(2020年11月10日時点)

 

コロナ禍において、入国の際に必要となる書類や、入国手順は大変流動的です。

常に最新の情報を確認し、現場では適宜ご対応頂きますようお願いいたします。

 

<入国時に必要となる書類に関して>

1) PCR検査陰性結果付き英文健康証明書

現在、インドネシアに入国する全ての人に入国の際、入国日より7日以内に

発行された英文の健康証明書の提出が求められています。

この健康証明書にPCR検査陰性結果の記載がない場合、

インドネシア国内にてPCR検査を受けることになりますので、

ご注意下さい。

 

2) 新規の312就労ビザまたは、211シングルビザで入国される方は

「コロナ禍における追加書類」を念のため、入国時に持参されることを

お勧めします。

これらは、コロナ禍でのビザ手続きにおいて特別追加書類として

提出を求められた書類であり、312就労ビザの場合も、211シングルビザの

場合も申請時にシステムにアップロードした書類です。

 

【特別追加書類】

① 英文同意書(宣言書)

入国時感染が疑われた場合の隔離/治療とその費用負担への同意を宣言する。

② 健康観察行動実施宣誓書

自主隔離期間中に健康状態を観察する用意があることを宣誓する。

③ 医療費用負担表明書

コロナに感染した場合の治療費を負担する用意があることを表明する。

④ 健康保険証/海外旅行保険証

⑤ スポンサー支払い能力証明書

312就労ビザと317家族帯同ビザの場合はUSD1,500以上、

211シングルビザの場合はUSD10,000以上の残高がある銀行口座残高証明書。

 

*①②③は自由フォーマットであるが故、まとめられて一枚になっている場合もあります。

 

<降機後の入国審査までの手順について (2020年11月10日時点)>

1)

降機後、入国審査カウンター広間に入る前の通路にイスが

並べられているので、間隔をあけて座ります。

そこで、PCR検査結果付き健康証明書を持っている人は、

係員に提出するよう促されます。

健康証明書を係員に渡すと’’Health Clearance’’ (サンプルはこちら)が配られます。

Health Clearanceには名前、年齢、インドネシアの住所、電話番号を記入して下さい。

 

2)

Health Clearanceを記入したら、テーブルカウンターへ進みます。

そこで、簡単な健康チェック(体温チェック・酸素濃度・脈拍・消毒)が

行われ、Health Clearanceの健康チェック欄に係員が記入を行います。

 

3)

健康チェック後、Health Clearance と、機内で配られる’’Health Alert Card’’(サンプルはこちら)という黄色いカードをもって別のカウンターへ進みます。

列に並び順番が来たら、書類の内容確認と注意事項の案内があり、

書類に係員がサインします。

Health Clearance とHealth Alert Cardは二枚とも返却されます。

 

4)

その後、入国カウンターへ進み、入国手続きを行って下さい。

 

5)

尚、健康証明書を持っていない場合は、上記1)の時点で、国内でのPCR検査行き

グループに分けられ、異なった手順となります。

また、上記2)の健康チェックで異常があった場合も異なった手順となります。

これらの異なった手順での詳細情報はまだなく、ご案内が出来ないことをご了承下さい。

 

 

以上

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *