BKPM推薦状の申請方法について(詳細)(2020.06.16)

 

 

テーマ:【BKPM推薦状の申請方法について(詳細)】

 

先般お知らせいたしましたコロナ禍での
就労ビザ関連の各種手続きを推し進めるための
「BKPM推薦状」につきまして、申請方法の詳細
情報を得ましたので以下にお知らせいたします。

 

(1)
申請に必要な書類は、以下の3点セット

1)申請書(Surat Permohonan)
2)対象外国人リスト(TKA List)
3)NIBのハードコピー(NIB photocopy)
各書類についての要件は後述する

(2)
実際の物理的な書類の提出先は、
BKPMビルの2F「TATA USAHA窓口」
9:00~15:00
BKPM申請受付担当者がスタンバイしているので、
その窓口に申請書を持参して提出するスタイル
となる。

(3)
当該BKPM推薦状は、「許可」や「承認」という性格
のものではない。
投資の確実な実行や雇用保持/雇用促進という目的を
背景としたBKPMの一時的な特別措置であり、外資企業
の事業再開/継続がスムーズに行えるように支援する
ための単なる「推薦」である。
とはいえ、労働省、イミグレ総局、東京インドネシア
大使館、空港イミグレ審査局など然るべき関係当局
との連携もあるので、効力のあるものだも言える。

(4)
一時的特別措置であるがゆえに、決まった処理の
所要時間やSLA(Service Level Agreement)の類も
無い。
また、どの申請を優先するか等もBKPM独自の判断で
処理するので、先に申請が受理されたからといって
先に結果が出るという訳でもないことを認識しておく
必要があるようだ。

(5)
審査/判断の基準は特に明確ではないが、
あ)投資額や雇用人数の大小を鑑みながら
い)その事業もしくはプロジェクトの国益への寄与度
う)その外国人の会社/工場/プロジェクトの稼働/遂行への必要性
え)その外国人が就労することによる期待効果
等が考慮されるはずなので、この点を鑑みて上手く
作文して申請することになる。

(6)
「申請書」の要件は以下のとおり
0)会社のレターヘッドを使用(KopSurat)
1)フォーマットは自由(定型フォーマットは無し)
2)宛先は、「ketada yth. kepala BKPM JL.Jendaral Gatot Subroto No.44 Jakarta」
3)申請者は、会社の代表者/取締役とし署名が必要(Dirctor/Sign)
4)表題は、「Surat Permohonan Dudungan BKPM」
5)本文に含まれる内容は、
A)申請者名:会社名、代表者名(PT.Name, Dir Name)
B)投資額(資本金)(Investment Amount)
C)雇用人数や増員計画(鉛筆舐めで可)(Jumlah TKI)
D)目的(上記(5)を鑑みながら”作文”する)(Objektives)
E)会社担当者の連絡先HP番号(PiC Name,HP No.)
上記E)の連絡先HP番号にBKPMからの返事が届くので
確実につながる実担当者のHP番号を記載するべき。

(7)
「申請外国人リスト(TKA List)」の要件は以下のとおり
1)対象外国人の一覧表とし、一枚の紙に複数人を記入。
2)一覧表に記載されるべき内容は、
A)氏名(TKA Name)
B)国籍(Warga Negara)
C)パスポート番号(Passport No.)
D)ポジション(Position)

(8)
「NIBのハードコピー(NIB photocopy)」の要件は以下のとおり
1)OSSへログオンしてNIBを印刷する

以上

よろしくお願いいたします。

小池
FPC

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *